幸田玲

インディーズ作家

夏のかけら

工務店に勤める石田達也は、二年前の夏に恋人の千尋を不慮の事故で失い、喪失感を味わう。 ある日達也は、親友の山中虎太郎から連絡を受け、見込客を紹介されることになった。 虎太郎の店『バー・エリック』で田所綾香を紹介され、達也は店舗リフォームの件で綾香と関係を持つことになる。喪失から再生への物語。
ご購入はこちら

青い軌跡

主人公の青山直樹は、工業都市として発展を遂げた大阪近郊の街で生まれ育った。零細企業の鉄工所を営む父親の仕事ぶりを見て育った直樹は、工業高校の進学を志望するようになった。
祖母と両親の四人家族で暮らしていた直樹に、中学生になってから暮らしぶりに変化が訪れた。それは第一次オイルショックの影響で、青山鉄工所の得意先からの仕事量が目に見えて減ってゆき、ついに得意先の仕事が無くなってしまったことであった。
ご購入はこちら

未来からの贈り物

金曜日の夜、恋人の美樹と食事をする予定にしていたのに、彼女に断りの連絡を入れることになった。病院の駐車場に着いたのは、午後九時すぎだった。
夜間出入口の扉を開けると、通路の左手に守衛の窓口があった。そこで手続きを済ませ、エレベーターを目指して進んだ。面会時間は午後八時までなので、人通りはない。節電のため、必要最低限の照明しか照らされていない通路は、薄暗かった。七階でエレベーターを降りるとホール・・・
ご購入はこちら

再会

昨年母親を亡くした直樹に、高校の同窓会の案内が送られてきた。案内状に目を通しているうちに、かつて恋人だった陽子のことを思い出す。直樹は複雑な心境を抱きながらも陽子との再会を思い、ホテルで開催される同窓会に参加することにした。
ご購入はこちら



Topics/プロフィール

◆インディーズ作家として、活動しています。

・小説投稿サイトで、作品累計:60万PV達成。
・電子書籍「夏のかけら」「未来からの贈り物」「月曜日の夜に」「青い軌跡」「再会」を上梓しています。

◆主な活動場所。
・ツイッター  https://twitter.com/bestplanning
・「幸田 玲のブログ」 http://best573.blog.fc2.com/



page-top